ゴールドコーストマラソン2017

レース当日

スタートエリア

大会会場(スタートライン )

サウスポート地区(サーファーズパラダイスより北へ約5キロ)のゴールドコースト・ハイウェイ沿い、サウスポート・ブロードウォーター・パークランズ(Southport Broadwater Parklands)の2か所に設置されます。尚、スタート地点は種目により異なりますのでご注意ください。なお、ゴール地点は1か所となります。

ゴールドコースト・ハイウェイと
マリーン・パレード(Marine Parade)通りとの交差地点

7月1日
10kmラン
7月2日
フルマラソン、車椅子フルマラソン、車椅子15kmレース

サウスポート・スイミングプール(Southport Swimming Pool)脇

7月1日
5.7kmチャレンジ(ウォーク&ラン)、
4kmジュニアダッシュ、2kmジュニアダッシュ
7月2日
ハーフマラソン

画像クリックで拡大

※大会会場へタクシーをご利用の場合、下記のように運転手の方にお伝えいただくとスムーズです。

"Take me to the Race precinct of Gold Coast Airport Marathon, please.
I would like to get off on Scarborough Street, either north or south of the Southport Mall (Nerang Street) ".

※日本語のできるボランティアは、上記の黄色の点線の○で記したインフォメーションブース(Suncorp Bank Information Booth)に常駐しています。日本語のできるボランティアは、「日本語」と記載されたカードを下げています。


交通機関

大会会場行きシャトルバスならびにライトレール

7月1日(土)は、シャトルバスのサービスがございません。ライトレール、タクシーまたは、ローカルバスをご利用ください。

7月2日(日)は、大会専用のライトレールとシャトルバスを無料で運行します。いずれもゼッケンの提示が必要です。

ライトレールをご利用される場合には、午前5時から午後3時までの間はゼッケンを提示すれば無料でご利用可能です。会場へはSouthport Stationをご利用ください。

シャトルバスには‘Marathon Special’と表示がありますので、該当バスをご利用ください。北から南へ運行するシャトルバスは、Runaway Bayにある Sports Centreから出発し各停留所を経由し、サウスポートの大会会場へ行きます。運行時間は午前4:30から午前8:30までです。南から北へ運行するシャトルバスは、コンベンションセンターから出発し各停留所を経由し、サウスポートの大会会場付近Southport Mall(サウスポートモール・オーストラリアフェアの裏側)へ行きます。モールから会場まで少し歩いていただきます。運行時間は午前4:20から午前8:30までです。

大会会場発(帰りの)バスについて

帰りのバスは、サウスポートの大会会場付近 Nerang Street Mallより午前8:00から午後2:15まで運行いたします。南に向うバスは、運行されませんので、ライトレールをご利用ください。


エイドステーション/パーソナルドリンク/メディカル

スポーツドリンク

Endura Sports Nutritionはゴールドコーストマラソンの公式コース飲料水です。体内水分と運動によって失われた電解質を直ちに回復させるために開発されたレモンライム味のスポーツドリンクです。コース上の各リフレッシュメント・ステーションとゴール後のリカバリーエリアでご利用になれます。また、フルマラソンのみ、Endura Gels(栄養補助食品)を30.5km地点にて配置しております。

医療サポート応急手当

緊急時に備えて救急車がコース上及びリカバリーエリアに待機しております。また、医療的な処置が必要な方は係員にお申し付けください。コース上ではオフィシャル車輌が最終ランナーの後を走行しています。レースを棄権される場合は、各ステーションの係員またはオフィシャル車輌まで「リタイア」をお申し出ください。オフィシャル車輌が早急にゴールまでお連れいたします。万一リタイアした時のため、ご家族などとのお待ち合わせはリカバリーエリアの外に決めておかれることをおすすめします。

喫煙について

クイーンズランドの州法により、レース中、大会会場内での喫煙は固く禁じられています。

リカバリーエリア

ゴール後は、参加者のみが利用できるリカバリーエリアへと誘導されます。フルーツやお水、スポーツドリンクなどが用意しています。完走メダル(全種目)と完走Tシャツ(フルマラソン、ハーフマラソン、10Kmラン、5.7kmチャレンジ)はこのエリアでお渡しします。なお、このエリアへの再入場はできません。

リカバリーエリアへの入場はレース参加者に限られております。ジュニアダッシュに限り、参加者の保護者がこのエリアに入場できるアクセスパスを、レースキットの受け渡しの際にエキスポでお渡しいたします。このアクセスパスは参加者1名につき保護者1名分のお渡しとなります。

パーソナルドリンク

フルマラソンに限り、シードランナー(招待選手)と優先スタートランナーがスペシャルドリンクを置くことができます。
5kmごとに設置される8ヵ所のリフレッシュメント・ステーションに配置が可能です。
ドリンクの預け方:現地受付会場エキスポにてレースキットの受取を済ませた後、同エキスポ内にあるパーソナル・リフレッシュメント受付ブース(Personal Refreshment expo booth)にドリンクをお預けください。
受付時間は、7月1日(土)午前9時から午後3時までです。なお、下記の情報を必ずボトルに記載してください。

名前
ゼッケンナンバー
セットする場所(例:5〜10km等)
性別(MaleまたはFemale)

リボンや色等で、ご自身のボトルだとわかるようにしてください。また、金属製やガラス製のボトルは危険ですので禁止されています。こぼれないような形状で、高さは30cm以内のものとなります。


ペースランナー

フルマラソンとハーフマラソンでは、ペースランナーを配属しています。ペースランナーは、スタート地点で目印となるヘリウム風船(バルーン)を背中に高く掲げ、“Pat Carroll Online Pace Runner”と書かれたランニング・シャツを着ています。また、そのシャツの背中にはゴール予定タイムが記載されており参加者のみなさまと一緒に走ります。ペースランナーは、各グループごとに2名おり(AとB)、Aがグループの先頭(ガン・タイム)を走り、Bがグループの末尾(ネット・タイム)を走ります。


日本語ボランティア

エキスポ期間中に会場となる「コンベンションセンター・アンド・エキシビションセンター」内に、インフォメーションセンター設置されます。種目別マラソンコースの地図、大会会場の地図(スタート・ゴール地点)、シャトルバスのルートと時刻表などの案内があります。日本語のできるボランティアが常駐しています。日本語のできるボランティアは、「日本語」と記載されたカードを下げています。

大会当日には、スタート/ゴール地点やリカバリーエリア内、インフォメーションブースに日本語のできるボランティアスタッフがおります。色のついたベストを着て、「日本語を話します」のようなバッジをつけていますので、ご質問の際は、どうぞ気軽にお声をおかけください。


応援について

ゴールドコーストマラソンのスタート、ゴール地点には大変多くの方が集まります。沿道で是非ランナーを応援してください。なお、スタート時間にあわせて運行される公共交通機関は、ランナー優先となる場合がございます。ゼッケンをお持ちでない方の乗車ができない場合がありますので、ご注意ください。

カンタス航空 成田-ブリスベン便 毎日運行
神戸マラソン
ゴールドコーストマラソン facebook